2013年12月04日

お騒がせな例の一家がまた

昨日のボクシング見ました。

亀田大毅の負けが見れたので、自分としては面白かったのですが、
もっと面白いのはテレビ中継後にあったのですね。

なんと、亀田大毅は試合に負けたのに、王座から陥落しないとのこと。
まぁ、これは対戦相手であるソリスの不手際だから仕方がないことだから
別にいいのですけど、

それならそれで、試合前にそのように説明しとかないと。
なんで試合後にそれを言い出すかなということです。

しかも負け試合の後となると問題視されるのは当然でしょう。

しかし、兄の興毅といい弟の大毅といい
なんで亀田家のボクシングは何か問題が起きるのでしょうかね?

純粋にスリリングな面白い世界戦らしいボクシングが見たいだけなのですが、
なぜか「亀田が負ける所を見たい」という不純な気持ちになってしまうのです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。